[14]
足袋
東京都/平井隆之助

一重の皮で作られていた足袋は、江戸時代に木綿が使われるようになり、足袋屋が登場した。足首を紐で縛って固定する「ひも足袋」が、小鉤(こはぜ)で留める形になったのは明治以降。当初一文銭を並べて採寸したことから、一文銭の直径(2.4cm)を基準の一文とし、その言葉は現在も使われている。

◆文部科学省選定

ISBN4-901775-16-2
単品¥10,290(税込)
手仕事〜伝統の技と心〜インデックス→


       

※写真クリックで拡大画像がご覧いただけます