[15]
津軽凧
青森県/中野敬造

藩政時代、江戸の土産として津軽に持ち帰られた錦絵。その浮世絵の影響を受け継ぐ津軽凧の武者絵。1年の半分を重い雲と冷たい風雪に閉ざされる津軽で、厳しい自然風土を耐え抜く力強さが武将に象徴されている。一家を守る強さと優しさ、戦う孤高の哀愁を感じさせる武将の表情描写が中野氏の技。

◆文部科学省選定

ISBN4-901775-17-0
単品¥10,290(税込)
手仕事〜伝統の技と心〜インデックス→


       

※写真クリックで拡大画像がご覧いただけます