[6]
祝い風呂敷
島根県/長田安史

嫁入り道具のひとつとして持つ風習の祝い風呂敷。この風呂敷に、現在国内でも数少ない筒描きの藍染めが用いられている。筒描きの染めは、防染糊を筒型容器に入れ絞り出しながら生地に図案を描いていく手法で、ダイナミックな図案から細かな図案まで、自在に表現されていく。

◆文部科学省選定

ISBN4-901775-06-5
単品¥10,290(税込)
手仕事〜伝統の技と心〜インデックス→


       

※写真クリックで拡大画像がご覧いただけます