[7]
出雲石灯籠
島根県/藤原良雄

仏前に献灯する神仏用具から庭園装飾品へと発展した石灯籠。出雲石灯籠は、粒子の細かい砂岩・来待石を用いる。石の持つ硬質感を柔らかさに変えるため、多彩で高度な表面加工技術を要する。「孫子の代まで人目につくわけですから、恥ずかしいものは作れない」と石工は語る。



ISBN4-901775-07-3
単品¥10,290(税込)
手仕事〜伝統の技と心〜インデックス→


       

※写真クリックで拡大画像がご覧いただけます